水よろ→水よろ!2B→今

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あの日から一年
2005年5月29日。
私がCOMPOSERの全国公演を、秋田にて初めて見た日です。
B000B5VO40TEAM-NACS COMPOSER ~響き続ける旋律の調べ
TEAM-NACS
アミューズソフトエンタテインメント 2005-12-22

by G-Tools

早いなあ!もう一年か。
自分で書いたことを読み返してみると・・・ふむふむ。
この日の秋田はやたら暑くて、半袖でもいいくらいだった。
そしてこまちの逆走にやられてる(笑)

一年前を思い出して、ちょっと書いてみることにします。
私はコンポザの本公演を、秋田・仙台で、
クローズドサーキットを仙台で見たのね。
とにかく仙台公演のチケットが取れるか不安だったので
どこまでなら足を運べるか?と考えて、秋田なら近いんじゃね?
と思って、取ったわけでした。
(※実際は、盛岡から連結を切り離されたこまちが
「お前、急行ちゃうんか?」という速度で走り、
なおかつ逆走もあったので、東京の方が近かったと思われる)

友達が見たいと行っていたので、仙台公演が取れなかった場合の
ために、秋田でのチケットを2枚購入。
しかし友達は、そこまでして見に行かなくても・・・という
スタンスだったので、それなら母の日のプレゼントも兼ねて
ママンと一緒に見に行こうではないか!と考えたんだっけ。

秋田ね。うんうん。
ネット上ではいろいろ騒がれた公演でしたけど、
お芝居本編自体は、素晴らしかった!
前に、お姉ちゃんから
「(公演日が多い舞台では)初めて見た日の舞台の
感動を越えるものはない」
というようなことを聞いていたんだけど、まさにその通りだった。
初めて見る、TEAM-NACSの5人が、ステージの上で
現実として存在している。
真っ暗な舞台にスポットライトが光り、その光の中で
大泉洋さんが指揮をしている姿を見たときには、自分の
手が、ハンカチを持っていた手がガクガクと震えてしまったのを、
今でも覚えています。
悪魔なモーツァルト・安田さんを見たときは
「この人、怖い!」って思ったなあ・・・。
安田・・・怖い子・・・(@ガラスの仮面)

とにかくNACSのお芝居が見れたことが嬉しかったよー。
5人がお芝居をしているところを生で見たのは初めてで、
バラエティとも映画とも、DVDで見るのとも違うその姿に
感動しましたねー。これがNACSなんだ!って。
その感動が頭を突きぬけていて、帰りの新幹線では
ママンとアツく語ったのでした。
あの日の感動は忘れない。

仙台公演のときは、前々から「仙台はヤバイ」と言われてたので
(どうバカが多いから、そのノリで騒ぐんじゃないかという懸念)
そして「我が地元にNACSが!粗相があってはならん!!」と、
純粋にお芝居を楽しめませんでしたね。(苦笑)
そしたら、後でNACSさんたちが樋口さんのラジオにゲストとして
出演した時に
「仙台は(リアクションが少なくて)おとなしい」
なんてなーコメントを言われてねー。
聞きながら「そ、そうじゃないんだよー!!」と
悲しくなったわね。(笑)
皆ね、あまりにも心配しすぎてたためにぎこちなかっただけなの!
心の中では大フィーバー大拍手だったんだよ!と
伝えられるもんなら伝えたかったわ。よよよ。
ただ、私としても、仙台で見た席が秋田の席と同じような
場所だったので・・・何かもう、COMPOSERというお芝居に対する
強い感動が出てこなかったんでしょうね。
(ごめんなさいね贅沢言って)
でも、地元に来た!こっちのホームで、今お芝居をしてる!
っていう事実がぐっと胸に迫って、歯を食いしばって
見てたという記憶があります。

早いね。あれからもう1年も経つの。
今はTEAM-NACSもひとりひとりの活動が多くて、ちょっと
さびしい気がしていますけど・・・。
その分、来年の公演はパワーアップしたものが見れるかな
と、期待しています。
1年。
長いようで短いこの日々、お互いに大切にしていきたいわ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 水 -sanzui-. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。