水よろ→水よろ!2B→今

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

忘れないよ、忘れられないし。
昨日、Yahoo!ニュースのトップに、「水曜どうでしょう」に関するお詫び
の記事が出ていました。
ご覧になった方も多いかと思います。

今日の水曜どうでしょう公式サイト・本日の日記と、
Office CUE社長室でも、この件のお詫びが書いてありました。

本日の日記の方では、こんな一文がありました。
<以下、8月10日の日記より抜粋>

ぼくらは『原付西日本』という旅を、もう二度とみなさんに、お見せ出来なくしてしまいました。ぼくらのせいです。ごめんなさい。本当にごめんなさい。



法に触れる行為だったので、致し方ないことだと思います。
見れなくなるのは、とても残念だけど・・・。
7年も経っているし、全国(海外でも)放送している「どうでしょう」の
影響力といったら、そらぁ大きなものです。
映ってるシーンだけカット、というわけに行かなかったんでしょうね。
放送しないということだけでも、とてつもなく大きなペナルティです。
どうでしょうクラシックを放送していない地域、まだ「原付西日本」の
放送回まで行ってない地域では、見たいというニーズはあるはずだし。

だからね、変な言い分ですけども、「ごめんなさい」と謝るべきは
こちらかもしれないな、とも思うのです。
私も、「鳥取砂丘の砂を採取することはダメです」という事実を
この件で初めて知りました。
もし先に分かっていたら、そして前にどうでしょう班に指摘できていたら
一部分のシーンだけカットして放送、っていうことになったのかもしれない。
だからこそ視聴者として、私の方もごめんなさいと謝りたいと思います。

しかし・・・。
鳥取砂丘に関する公的なサイトやら、観光紹介サイトやらを調べたけども
砂丘紹介のページやお知らせのページにもね、
「(こういう理由で)砂を取ってはいけません」
という一文を、どうしても見つけられなかったよ。
きっと書いてあるはずなんだけど。探し方が悪かったのかね?
鳥取砂丘っつったら、日本全国で知らない人はいないのに。
その保全のために大切なことを、分かりにくい所に書いてどうすんだろか。
どうでしょうさんは、確かに間違った行為をしたのだし、罰を受けてしかるべき
だけど、反面教師として正しい知識を得られたなあ、と思います。
今や全国の人が見ている番組なのですから、たくさんの人が勉強になっただろう
とも思います。どーも上から目線ですいません。
私なぞは砂丘に行くことも行ったこともないので、今までに調べたりしなかったし。
本当に知らなかったよ。ごめんなさいね。いい勉強になりましたよ。

この件で私がどうでしょうとサヨナラすることはないです。
だって「一生どうでしょうします!」って言っちゃったし。
これよりも、もっとずーっと、たくさんのことを教えてもらった番組ですし。
好きな気持ちは変わりません。
応援し続けます。見守り続けます。

「原付西日本」は、どうでしょうにハマったのが遅かった私のために
友達が貸してくれた数本のビデオの中で、一番好きな企画でした。
悲哀も喜びも寂しさも爆笑も。
どうでしょうをもっと見たい!知りたい!と思っていた私にはうってつけでした。
若旦那。お蕎麦。だるまの嫁取り。綾。対決。鬼の洗濯。
書ききれぬほどたくさんの思い出をありがとう。
さようなら。ずっと忘れないよ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

確かにせんとさんの意見に賛成です。『二度と見れない』という事は『DVDにもならない。』という事でしょう。この企画はその後の『対決列島』、『絵はがきの旅Ⅱ』への布石となっている企画ですから、残念です。でもね、小生も『一生どうでしょうします!』と腹に決めております故、『隊長!ついていきます!』今後ともよろしくお願い致します!
よっしー | URL | 2007/08/10/Fri 17:06 [編集]
はじめまして。
今回の件で、このサイトを初めて知りました。当方も宮城県在住です。よろしくです。
一部のマスコミでは、局側が「放送・DVDでの発売もしない」ことを表明した、と書いてありました。
もしかしたら、「多局への販売」を「DVDの販売」と拡大解釈しただけかもしれませんが。。。

なんにせよ、二度と表舞台に出ない西日本・・・。四国八十八②最終夜の後枠(西日本へのつなぎ部分)も新しい後枠に差替えなのでしょうかね~。
takacci | URL | 2007/08/13/Mon 00:08 [編集]
☆よっしーさんへ
あ、ブログには書かなかったけど分かっていただけてうれしいです。
そう、8月10日の日記の内容から察するに、きっとDVD化もナシなのだろうと思っています。
後期どうでしょうのターニングポイントとなり、いろんなキャラや話ができた企画なので
すごく、すごく残念ですけども。
一生どうでしょうするからには、いろんな痛みが伴うってことなんでしょうね。
それにも負けずに、バカやったるぜー!
よっしーさんへ(せんと) | URL | 2007/08/16/Thu 17:00 [編集]
☆takacciさんへ
はじめまして、コメントいただき誠にありがとうございます。
これからもどうぞよろしくお願いいたします。
どうでしょう系ブログをやって、今年で3年目ですけども、今回のことはすごくビックリでした。
何回も見てる企画だけど、あれが法に触れるというのを初めて知ったし。
それが7年後に知ることになろうとは・・・。
「放送・DVDでの発売もしない」ということが書いてあったのは、確か道新さんだったかな?
私も読みました。局側・またD陣から詳細が発表されたわけではないのでいかんともしがたいところですが、たぶん各機関への報告終了後、罰則が決定され次第、コメントが出るのではないかと思っています。
ああ、なんだか書いててますます悲しくなってきちゃった・・・。
これを乗り越えるためにも、ぜひ今年の新作はいいものにしていただきたい!
そちらの方に、期待を寄せておりまする。
takacciさんへ(せんと) | URL | 2007/08/16/Thu 17:10 [編集]
トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 水 -sanzui-. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。